研究者紹介

栗原 潤

栗原 潤

Jun Kurihara

研究主幹

関西学院大学客員教授
[研究テーマ]
Robotics for Japan’s Revitalization
Japan in a Global Perspective
Élan Vital for Japan

研究分野

  • 国際政治経済学 (IPE)
  • 国際企業戦略問題 (JEL Codes: M14, M15, M16)

コラム・メディア掲載

ワーキングペーパー・論文・レポート

イベント開催報告

2011年1月13日(木) 12:45 ~ 14:00

Professor Jay Rosengard特別講演会(2011.1.13)

2010年1月13日(水) 12:00 ~ 13:30

Professor Jay Rosengard特別講演会

2010年3月29日(月) 15:00 ~ 16:30

James Schoff氏特別講演会

2010年3月17日(水) 15:00 ~ 17:00

Prof. Stavins・Dr. Stowe講演会

プロフィール

学歴

京都大学大学院修士(農林経済学)

職歴

1983年 - 1995年 三菱総合研究所
1995年 - 2003年 富士通総研
2003年 - 2012年 ハーバード大学ケネディ行政大学院シニア・フェロー
2006年 - 関西学院大学客員教授
2007年 - 2012年 独立行政法人経済産業研究所リエゾン・オフィサー
2009年4月 - キヤノングローバル戦略研究所 研究主幹

著作物

  • 『日本の知識戦略』 慶應大学出版会 (2005)

論文

  • “Japan’s Electronics Companies: In Search of Strategies for the ‘New Economy’ Era,” in Regional Strategies in a Global Economy, edited by Rene' Haak and Dennis S. Tachiki, Munich: Iudicium Verlag, 2004.
  • “Demystifying Japan’s Economic Recovery: A Tale of Its Structural Reform,” Business Economics, Vol. 42 No. 3, pp. 29-35, 2007 (July).
  • “FDI Outflows from the U.S. and Their Impact on Developing Countries: A Japanese Perspective: U.S.-Japan FDI Rivalry and Collaboration on Chinese Soil,” Material prepared for the conference Celebrating the Career and Work of Edward M. Graham, Washington, DC: Peter G. Peterson Institute for International Economics, 2007 (September).
  • “The Globalization of Northeast China’s MNCs: A Study of the Electronics Industry,” in The Globalization of Chinese Enterprises, edited by Ilan Alon and John R. McIntyre, London: Palgrave Macmillan, 2008.