外交・安全保障

「外交・安全保障」研究の目的

グローバリゼーションは世界中の国・地域と人々に大きな発展をもたらす一方、不安定・不確実をもたらし、また文化的な摩擦をも生じさせるものである。世界は「勢いと偶然と判断ミス」からくる不確実性の高い時代に回帰しつつあり、日本も安全保障環境の変化を受け止める覚悟が必要となる。国際関係だけでなく、経済不均衡、自然災害、パンデミックを含めた幅広いリスクを認識し、日本の外交・安全保障における政策立案・実施能力を向上させる提言をするとともに、国民各層における外交・安全保障問題に対する理解を深める。

研究分野

国際政治・外交、安全保障、東アジアの長期情勢に関する分析・評価、対外発信と国際ネットワーキング

最新の関連記事

バックナンバー

ワーキングペーパー・論文・レポート

hourglass_empty

CIGSオリジナルコラム

hourglass_empty

イベント開催報告

hourglass_empty

On the Media

hourglass_empty

研究テーマ

プロジェクトリーダー 研究主幹 宮家 邦彦
プロジェクトメンバー 主任研究員 神保 謙 ・ 主任研究員 辰巳 由紀 ・ 研究員 伊藤 弘太郎 ・ 研究員 本多 倫彬
プロジェクトの目的
米国主導のリベラル国際秩序のゆらぎが進む昨今、世界全体の変動を研究する努力が求められている。シンクタンクとして政策志向を維持しつつ、既存の認識にとらわれず、様々な国際社会の課題の解決に向けて研究を深める。
プロジェクトリーダー 研究主幹 宮家 邦彦
プロジェクトメンバー 研究員 伊藤 弘太郎
プロジェクトの目的
東アジアにおける大国間の関係の長期的趨勢、特に米中間の対立・競争についての長期的情勢の変化を、総合的に分析・評価する。これによる東アジアの国際関係の安定化の方途を探る。
プロジェクトリーダー 研究主幹 宮家 邦彦
プロジェクトメンバー 主任研究員 神保 謙 ・ 主任研究員 辰巳 由紀 ・ 研究員 伊藤 弘太郎 ・ 研究員 本多 倫彬
プロジェクトの目的
近年の高まる国家間の緊張の中、専門家集団による対外情報発信の必要性が高まっている。①積極的な対外発信と②人材育成に取り組むとともに③特に影響力の大きいワシントンで④ワークショップを主催し、また基盤となる各国関係機関等とのネットワーキングに取り組む。
プロジェクトリーダー 主任研究員 神保 謙
プロジェクトメンバー 研究主幹 宮家 邦彦 ・ 主任研究員 辰巳 由紀 ・ 研究員 本多 倫彬
プロジェクトの目的
日本の政策立案能力・政策実施能力を向上させていくためには、政策シミュレーションをつうじて考えることが1つの方策である。本プロジェクトでは、政策シミュレーション手法の広報・啓発・研究と、シミュレーションによる政策研究を実施する。

研究者一覧

(50音順)