コラム  国際交流  2021.01.12

米国コロナ最前線と合衆国の本質(緊急コラム)~米国連邦議会議事堂制圧事件の衝撃と合衆国の本質:これまでのコラムの要素に基づく解説~

国際政治・外交 経済政策 米国

<CIGS International Research Fellow 櫛田健児 シリーズ連載>

米国コロナ最前線と合衆国の本質
(1) 残念ながら日本にとって他人事ではない、パンデミックを通して明らかにするアメリカの構造と力学(2020年6月9日公開)
(2) 米国のデモや暴動の裏にある分断 複数の社会ロジック(2020年6月11日公開)
(3) 連邦政府vs州の権力争いの今と歴史背景:合衆国は「大いなる実験」の視座(2020年6月25日公開)
(4) アメリカにおける複数の「国」とも言える文化圏の共存と闘争:合衆国の歴史背景を踏まえて(2020年7月1日公開)
(5) メディアが拍車をかける「全く異なる事実認識」:アメリカのメディア統合による政治経済と大統領支持地域のディープストーリー(2020年7月8日公開)
(6) コロナを取り巻く情報の分断:日本には伝わっていない独立記念日前後のニュースの詳細および事実認識の分断の上に成り立つ政治戦略と企業戦略(2020年7月22日公開)
(7) 「国の存続」と「国内発展」のロジックにみる数々の妥協と黒人の犠牲(2020年7月29日公開)
(8) Black Lives Matterの裏にある黒人社会の驚くべき格差を示す様々な角度からのデータ、証言、そしてフロイド氏殺害の詳細を紹介(2020年8月7日公開)
(9)投票弾圧の歴史の政治力学(2020年9月3日公開)
(10)AIの劇的な進展と政治利用の恐怖(2020年10月1日公開)
(11)大統領選直前に当たり、日本にはあまり伝わっていない投票権に関する動きとその裏にある合衆国の本質的な力学(2020年11月2日公開)
(12)日本に伝えたい選挙後の分析、近況と本質的な力学(2020年11月20日公開)
(13)深刻化するコロナ、拡散する陰謀説とその裏にあるソーシャルメディアの本質(上)(2021年1月6日公開)
(緊急コラム)米国連邦議会議事堂制圧事件の衝撃と合衆国の本質:これまでのコラムの要素に基づく解説(2021年1月12日公開)
*続編は順次、近日公開の予定

日本では1月7日にコロナ感染拡大を受けて緊急事態宣言が発令されたが、アメリカ時間の同日1月6日、連邦議会議事堂に武装したトランプ支持集団が乱入して制圧するという緊急事態が発生した。

遂に恐れていた事態が起こったわけだが、これについてこれまでのコラムで紹介した合衆国の本質的な力学に照らし合わせて解説したい。

トランプ支持者たちが、彼の名前が入った旗を持ち、トレードマークであるMAGA(Make America Great Again)と刺繍の入った赤い帽子を被って、議会の護衛を突破して侵入した。「USA、USA」と叫びながら、本気で合衆国を救い、自由のために戦っていると思い込んでいる自称「愛国者」の人たちが大部分だった。

議会では正に選挙人投票の結果を認可し、新大統領を正式に任命するプロセスの真っ最中であった。

このような事態が生じたのはこれまで述べてきた「異なる真実」の力学が作り出した結果だが、その他数多くの力学の表れでもある。


驚くほど手薄な防衛ライン

まず、多くの人が衝撃を受けたのは、議会の防衛ラインがこれほど手薄だったことである。世界中に軍の拠点を持ち、未だに軍備は突出して世界一であるアメリカで、大統領・議会・法廷という最高統治に責任があるの三つの機関の一つで500人以上の議員がいた建物に群衆があっさり侵入できたのが不思議である。しかも群衆は銃を乱射するような戦闘状態で侵入したのではなく、「おしくらまんじゅう」の状態で防衛ラインを突破したのである。防衛に当たっていた一部の警察官のヘルメットは自転車のヘルメットにしか見えなかった(下記の写真ご参照)。

Kushida_U_1.jpg

Source:Associated Press
https://www.nytimes.com/2021/01/06/us/politics/trump-riot-dc-capitol-photos.html

Kushida_U_2.png

Source:ハフィントンポスト記者
動画リンクはこちら:https://twitter.com/Phil_Lewis_/status/1346883077524639748

建物内部の防衛体制も弱く、多少の諍いであっさり通り抜けてしまった。下記URLの動画を参照して頂きたい。
https://twitter.com/benFranklin2018/status/1346903052842913795

建物内に入った後、群衆は議会の大部屋までたどり着いたが、そこではスーツを着た数人のSPが銃を向けて部屋への侵入を防ごうとしていた。このような光景がショッキングだったのは、アメリカ人の侵入者の群衆から議員たちを守るためにSPたちが銃を抜いたことだけではなく、防衛体制があまりにも弱そうに見えたこともある。

Kushida_U_3.jpg

Source:Associated Press
https://www.nytimes.com/2021/01/06/us/politics/trump-riot-dc-capitol-photos.html

一方、他のエリアでは警棒を振り回すガードマンが追い込められる動画も報道されている。下記のリンクを見て頂きたい。
https://twitter.com/CBSEveningNews/status/1347018051649228802


まるでイラク制圧後の宮殿内の写真のようなトランプ支持集団の議会でのお祭り騒ぎ

議員たちが避難しガラ空きとなった議会議事堂では、制圧したが如くトランプ支持者たちが議長席に上がって写真を取ったり、下院議長である民主党のナンシー・ペロシ氏のオフィスに勝手に入り机に座り写真を撮ったりしていた。

Kushida_U_4.png

Source:CNN特派員のツイッター

議長席に座り大声で「トランプ氏は選挙に勝利した!」と叫ぶ人、合衆国のマークがついた議長演台を持ち去る人、そして南北戦争で負けた南部の旗をかざしている人もいた。南北戦争でも首都まで戦闘は及ばなかったので、合衆国創立以来の出来事だった。しかもこの南部の旗は、黒人は奴隷扱いするべきだと主張する白人至上主義の旗としても広く使われている。

Kushida_U_5.png

Source:Huffington Post政治特派員のツイッター

Kushida_U_6.png

Source:CNN特派員のツイッター

Kushida_U_7.png

Source:CNN特派員のツイッター

群衆はその後議事堂の前で数時間平然と居座り続けた。

Kushida_U_8.jpg

Source:https://twitter.com/11thHour/status/1346958469073661953/photo/2

このような光景を見ると、逆に「あえて議事堂を明け渡したのではないか」という陰謀説も流れそうである。

もちろん、民主国家から独裁国家に陥ったドイツのような国の歴史をみると、議会で紛争が起き、そのタイミングで国のトップが国家存亡の危機だと発表して憲法を凍結する戒厳令を発令し、一気に権力を集中させて反対勢力を排除して独裁者となるパターンが一般的である。

従って、大規模な武力衝突になってしまうと、大統領が戒厳令を発令して一気にアメリカの民主主義を壊す危険性があったので、警察も簡単に諦めてあっさり撤退し、何時間も議会を放置したという解釈も可能である。今後いろいろな事実が判明するはずだが、トランプ大統領が国防省に増援を求めず、州兵を集めるのも拒んだので、議会議事堂を護衛していた部隊は首都警察とペンス副大統領専用のSPだけだったという報道もある。それだけでは人員も装備も足りなかったわけである。そこでペンス副大統領がトランプ大統領の認可無しに州兵や隣の州の警察と州兵の応援も要請したとも報道されている1


206年ぶりの議会の武力制圧、学術定義だとクーデター一歩手前?ワーストケースシナリオを免れた可能性

これら一連の騒動とその映像がアメリカ国民に与えた衝撃は相当なものである。イラクとの戦争でアメリカ軍がサダム・フセインの宮殿を制圧した後に内部で撮られた米兵達の写真に似ているものもある。

今回のトランプ支持の群衆の中には退役軍人も何人かいた。議事堂内部を守護していたSPに撃たれて命を落とした女性はカリフォルニア州サンディエゴ在住の退役軍人であった。彼女は前日までソーシャルメディアで何度もQ Anonも含めた陰謀説について投稿しており、人一倍愛国心が強く合衆国を守ろうという気持ちが深かったと周囲の人がメディアインタビューに答えている。しかも、この女性はイラクとアフガニスタンにも派遣されており、命をかけて国を守っていた経歴を持っている。子供を四人残して、35歳で亡くなった2。 このような人も群衆の先陣を切って議事堂に乗り込んで行ったのである。撃たれた瞬間の動画では、彼女が椅子やテーブルを山積みにして塞ぎ止めてあったドアの窓を割って、飛び越えて中に侵入しようとしたところをSPに撃たれて後ろ向きに倒れ落ちている。

アメリカ議会が武力で外部から制圧されたのは、以前のコラムで述べた通り1814年にイギリス軍が首都に侵略し、アメリカ大統領と議会が隣の州に撤退して以来のことで、206年ぶりである。そして今回は、大統領選結果の認可プロセスの真っ最中であった。

しかも今回は、大統領の演説とそれを受けた数多くの共和党議員が煽っていたので、クーデターの定義にかなり近い状況と言える。英語ではsedition(反政府的な扇動)という定義に当てはまる。

この事件の写真で知人たちが注目した一枚は、特殊部隊のような装備をして腰に銃を下げ、胸には大量の銃弾をつけ、手には警察が使うプラスチック手錠となるジップカフを大量に持った男ものである。この人物はそもそもアメリカ人なのか?外国のスパイが紛れ込んでいた可能性は大いにある。しかしもしそうであれば、これほど目立つ格好はしないだろう。装備から見て、議事堂内で人質を取るつもりだったのか等いくつもの疑問が生じてくる。お祭り騒ぎのように獣の皮をまとっている侵入者や、同じ写真の後方に写っている一般の人たちの格好や装備とは明らかに質が違うような感じがする。このような写真を見ると、様々な意味で危機一髪だったのかもしれない。

Kushida_U_9.jpg

https://www.usatoday.com/picture-gallery/news/politics/2021/01/06/protesters-storm-into-u-s-capitol/6568847002/

同時に、議員たちのオフィスがある議員会館も数時間に渡って放置され、群衆がどこにでも入れる状況が続いたので、機密情報を盗み取りたければ、いくらでもできたはずである。今回の群衆に外国のスパイが含まれていても全くおかしくない状況だったので、国防面から見ても異常事態だったことが分かる。


ビジネス界はトランプ大統領を非難、すぐに大統領を解任すべきと主張

今回の出来事に衝撃を受けて、アメリカのビジネス界も前代未聞の訴えかけを行った。昔から共和党支持者であり、2017年にトランプ氏を演説に招いたアメリカ製造業の最大業界団体であるNational Association of Manufacturers(NAM)は、同日驚くべき発表を行った。それは、ペンス副大統領に直ちにトランプ大統領を解任すべきだという意見書を提出したというものだった。 これは憲法修正第25条を根拠としたもので、大統領が病気や義務遂行が不可能な状態に陥った場合、副大統領が大統領を解任してその職を引き継ぐというものである。この修正第25条が発動できる条件には、反逆罪やその他重大な犯罪などの場合が含まれている。

アップル、グーグル、フェイスブック、セールスフォースやJPモルガンのCEOたちも同日様々なメディアでこの暴動を非難した。

私が所属するスタンフォード大学でも、事件当日に学長が全校生宛メールで今回の群衆の非民主主義的行動を非難する文章を配信した。スタンフォードの学長はアメリカ国籍を取得した外国生まれの人であり、自分もアメリカが掲げる理想や民主主義に惹かれ、そして多大な恩恵を受けてきたとも語った。私が博士号を取ったカリフォルニア大学バークレー校も、学長から卒業生やコミュニティーに向けて同様な文章が配信された。

熱狂的なトランプ支持者以外にはこの出来事は本当に衝撃であり、一般の人は絶対に起こってはいけないことだと強く主張している。

この事件によって、アメリカの民主主義を守らなくてはならないと強く考える人が増え、今後いろいろな面で民主主義を強める可能性もある。ただし、今回の選挙の敗者は消えないので、どちらも国を守ろうと戦い、アメリカの制度設計とそのインプリメンテーションを含んだ勢力争いとなるだろう。


Black Lives Matterのデモ対応とのギャップに見る分断

一方、アメリカの黒人コミュニティーのリアクションは全く異質な怒りである。 Black Lives Matter運動がワシントンDCでデモを繰り広げていた時に比べると、護衛が非常に手薄で、警察官たちの接し方があまりにも手ぬるいようにしか見えなかったからである。下の写真と見比べて頂きたい。夏のBLMデモでのリンカーン記念像を守る州兵の姿である。

Kushida_U_10.png

Source:CNN特派員のツイッター。Fact check で事実だと確認した4

これに比べて、今回の議事堂制圧の群衆に対する防衛体制は貧弱に見える(上記の方の写真ともう一度比べて頂きたい)。

そして、黒人だけではなくBLM運動に賛同する人たちの目から見ると、路上でデモ行進していたBLMの人たちへの警察の対応に比べて、今回の議会襲撃者に対する保安部隊からの攻撃は驚くほど少ないのである。

「白人群衆に対しては攻撃しないのだな」という意見や「ほら、やっぱり白人だと警察は手を出さないんだ」という黒人コミュニティーのコメントがすぐにソーシャルメディアに載せられた。

路上でデモ行進するのと国の中枢である議会に集団で乱入するのとでは、国防の観点からも後者の方が明らかに重罪なはずである。しかし、議会の外で居座っている群衆に対して集団逮捕に踏み込む警察の姿もなければ、警察犬を放って乱入者たちを取り押さえる行動も皆無だった。黒人コミュニティーにとっては、「ほら、あれは我々にしかしないんだよ」という主張が共感を呼んでしまうのである。

Kushida_U_11.png

もちろん、侵入を試みるトランプ支持者が保安部隊と屋外で戦闘状態になり何人も撃ち殺されていたら、全国規模で相当な武装集団のバイオレンスの波が起こり得たし、議事堂に足を運ばなかったトランプ支持者たちの群衆も雪崩のように議事堂に流れ込んで大乱闘になって大惨事が起きていたかもしれない。

しかし、トランプ大統領が6月1日に近くの教会で聖書を持って写真を撮るパフォーマンスをした直前に、催涙スプレーを使い騎馬警察隊と戦車のような装甲車により公園でデモを行っていた人たちを排除した時と比べても、国の中枢への道を突破させまいという本気の姿勢が見られなかったのは事実である。ちなみに、その教会は大統領とは無関係で、平和的なデモをしていたBLM支持者たちを強烈な催涙スプレーを使って排除させたことだけでなく、大統領が閉鎖中の教会に来て教会関係者とも会わずにあからさまな政治的パフォーマンスをしたことも非難した。

下の写真は、ホワイトハウス近くのLafayette Parkで行われていたデモ集会を、前触れも無く催涙スプレーやゴム銃弾、警棒などで排除させた様子である。

Kushida_U_12.jpg

Source:https://www.nytimes.com/2020/06/01/us/politics/trump-st-johns-church-bible.html

Kushida_U_13.jpg

Source:https://www.npr.org/2020/06/01/867532070/trumps-unannounced-church-visit-angers-church-officials

大統領がこれらの写真を取るためにデモ集団を相当な武力で退かせたことに対して、国民の反応は大統領支持派か否かで真っ二つに分かれた。

Kushida_U_14.jpg

Source:https://en.wikipedia.org/wiki/Donald_Trump_photo_op_at_St._John%27s_Church

6月3日の首都の様々なところに配置された州兵と装備の様子である。

Kushida_U_15.jpg

Source:https://en.wikipedia.org/wiki/Donald_Trump_photo_op_at_St._John%27s_Church

黒人コミュニティーやBLM支持者にして見れば、「法と秩序」を重んじていると主張しているトランプ大統領と共和党は、「黒人や有色人種を取締るための法と秩序」だけを重んじており、白人は取り締まらないという本音が非常に明確になったと解釈せざるを得ないほどの対応の差だった。

1月6日の話に戻りたい。この事件の映像は全ての放送局で流されたが、Fox Newsのキャスターは議会に乱入する群衆の映像を見て、なんと「これはトランプ支持者にとって大きな勝利である」と語ったのである5。 これまでに紹介してきた価値観や世界観の分断、それを煽っていたFox Newsについて書いたコラムを思い出して頂ければ、そんなに驚くことではないが、それでも衝撃的である。

更に、1月6日の夜から7日にかけてFox Newsは、議事堂に乱入した 群衆は実はトランプ支持者ではなく、極左翼のAntifaグループだったのではないかとここでも陰謀説を流し始めた。それに加えてなんと共和党議員も似たような主張を行った6

しかし、群衆が持っていたトランプの旗や叫び声、その後のFBI捜査により、何人もの人たちが白人至上主義やQAnon信者グループに属していることが分かった。本人がAntifaだということを否定した人もいるが7、Fox Newsが陰謀説を流しているので、多くの人は左派の仕業だったと信じ込んでしまう可能性が高い。しかも共和党の議員もそれに加担していたことは、もう驚きでしかない。


昔とはここまで違う現在の共和党支持基盤とその変化

日本の多くのエリート層やあるレベルの人たちが、一昔前は同じ「保守」ということで自民党のカウンターパートとして捉えていたアメリカの共和党はどうなってしまったのか?

1980年からの共和党支持層の変化を見ると分かりやすい。

まずは前回も紹介した都市部と地方とのギャップだが、これを時系列でみると変化がよく分かる。人口上位100の郡でみると、1980年は7割が共和党支持で3割が民主党支持だったが、1992年に大幅に逆転し、そこから圧倒的に民主党となった。都市部の価値観を民主党が代表するようになったわけである。

Kushida_U_16.png

Source:FT

今度は所得である。2019年の時点で所得中央値が高い100の郡をみると、1980年は圧倒的に高所得の地域は共和党支持だったのが、2008年には約半々となり、今回の2020年の選挙では民主党に寄った。これは都市部との相関関係もある。

Kushida_U_17.png

Source:FT

そして大学卒業率が高い100の郡をみると、これも1980年には共和党が4分の3ほど獲得していたのに、2020年にはなんと84%が民主党で共和党は16%という大逆転となっている。

Kushida_U_18.png

Source:FT

簡単に言うと、今の共和党は昔とはかなり異なるということである。日本の自民党のカウンターパートとして馴染みがある保守党だと多くの人が考えてきた昔の共和党とは、中身が相当違うのだ。バイデン氏が大統領になったら「非常にまずい」という日本の論調をいくつか聞いたが、それらの論者がイメージしている民主党の支持基盤と政策は1980年代の貿易摩擦時代のものではなかろうか?あの時代の民主党は都市部・高所得層・教育を受けている人たちにはあまり支持されていなかったが、今は驚くほど逆転している。

あるいは、非常に期待されたが政権運営があまりうまく行かず、次の選挙に負けてから分裂し迷走した日本の民主党を思い浮かべ、アメリカの民主党も名前が同じなので、無意識にイメージが被ってしまっているのだろうか。民主党では経済が悪化するという論調の日本の論説員もいたが、実態は逆で、GDP・雇用・株価のどれを取ってもブッシュ(父)政権以降、民主党政権の方が共和党政権の時よりも経済指数は良くなっているのである。

しかも、今回の大統領選では夏に共和党大会があったが、そこでの政策マニフェストや政策公約は全く無かった。トランプ大統領次第というスタンスで、彼自身は当選した大統領選での公約以外に新しいものは出さず、公約の達成度合いも気にしていなかった。経済は過去最高水準であり、コロナは中国のせいで、メキシコとの国境の美しい壁の建設も進んでいるという漠然とした主張以外は、分断を煽り、バイデン氏を攻撃する発言に留まった。政策公約がない共和党は旧来のものとは全く別物である。Fox Newsは「共和党は政策公約が無く、トランプ大統領を熱心に支持する」と報道し、政策無きリーダー崇拝が良いことのように仕立てられた8

もはや「保守とリベラル」や「右と左」といった言葉が何を指しているのかが、日本とアメリカの感覚では異なりすぎているので、一度整理して紹介する必要があると思う。これは、また別のコラムで紹介したい。


議事堂武力制圧者たちを煽り、彼らを愛国者と呼んだ大統領の投稿がソーシャルメディアから削除され、アカウントが一時凍結

トランプ大統領は今回の議会に対して群衆を煽っていた。選挙に負けた後ここ2カ月の発言だけではなく、同日午前中のホワイトハウス前での演説では支持者たちに対して「我々は落選を求めない!」「議会まで一緒に歩こう」などと発言していた。実際に乱入が始まると「平和的に撤退するように」というメッセージをソーシャルメディアで発信したが、Facebookに投稿したビデオメッセージの冒頭部分には、彼が未だに勝利しており選挙結果は不当だったという発言があった。

このため、CNNは彼のビデオメッセージの放映をその時点で打ち切り、Facebookはその動画を削除した。そこで、トランプ大統領はツイッターで「神聖なる選挙圧勝の結果を不当に、そして敵意を持って愛国者たちから奪うと、彼らはこれまでアンフェアでひどい扱いを受けてきたので、このようなことが起こるのだ」と発言した。これを受けて、ツイッターは大統領のアカウントを24時間停止するという異例の措置を取った。

大統領の娘のイヴァンカ・トランプはツイッターで議事堂を制圧した群衆を「愛国者たち」と呼んだが、しばらくしてその投稿を自主的に削除した9

Facebookはその後、大統領のアカウントを無期限でロックダウンした。

このようにして、ソーシャルメディアで「異なる真実」の世界を作り上げた張本人が遂にソーシャルメディアから厳しい扱いを受け始めた。しかし、時すでに遅しかもしれない。

1月6日、206年ぶりに議会が武力制圧された日、アメリカではコロナによる死者数が3964人に上り、過去最悪となった。


1  https://www.cnn.com/2021/01/06/politics/pence-national-guard/index.html

2  https://www.npr.org/sections/congress-electoral-college-tally-live-updates/2021/01/07/954446008/authorities-identify-woman-killed-by-police-during-u-s-capitol-rioting

3  https://www.cnn.com/2021/01/06/business/capitol-hill-violence-business-leaders/index.html

4 https://www.snopes.com/fact-check/national-guard-trump-mob/

5 https://www.businessinsider.com/fox-anchor-calls-pro-trump-rioters-on-capitol-a-huge-victory-2021-1

6 https://thehill.com/homenews/news/533088-conservatives-blame-antifa-not-Trump-for-violence-at-capitol

7 https://www.msn.com/en-us/news/politics/qanon-shaman-who-stormed-capitol-denies-he-is-antifa-as-conspiracy-theorists-turn-on-him/ar-BB1cy1s6

8 https://www.foxnews.com/politics/gop-no-new-2020-platform-trump-agenda

9 https://edition.cnn.com/politics/live-news/congress-electoral-college-vote-count-2021/h_c5331ac03e1575a2b8121ae9df6d56bb