外交・安全保障グループ 公式ブログ

キヤノングローバル戦略研究所外交・安全保障グループの研究員が、リレー形式で世界の動きを紹介します。

  • 当サイト内の署名記事は、執筆者個人の責任で発表するものであり、キヤノングローバル戦略研究所としての見解を示すものではありません。
  • 当サイト内の記事を無断で転載することを禁じます。

2021年6月22日(火)

外交・安保カレンダー(6月21-27日)

[ 2021年外交・安保カレンダー ]


先週はビッグイベントが二つあった。第一は6月16日の米露首脳会談、第二はイランの大統領選挙だ。前者については、久し振りに見た「世界ヘビー級タイトルマッチ」の感がある。プーチンが冷徹非情の世界チャンピオンとすれば、バイデンは遅咲きながら、世界チャンピオンも一目置く高齢でながら経験豊富なボクサーだ。

この勝負、筆者の採点では10対9でバイデンが第一ラウンドを取った。つい2年前までは足腰の衰えが目立つ引退寸前の老政治家に見えたバイデンだが、今回ジュネーブでは気力、体力ともに絶好調だった。やはり、権力とスポットライトほど政治家を元気付ける栄養剤はないのか。このことはプーチン自身も認めている。

首脳会談後、プーチンはこう語ったそうだ。「バイデン氏がとても経験豊かだと確信した。プロフェッショナルで、建設的で、バランスの取れた人だ。バイデン氏は元気に見えた。彼は物事を完全に熟知している。バイデン氏はプロであり、何一つ見逃さないと断言できる。」プーチンがバイデンにここまで賛辞を送るとは正直思わなかった。

これに対し、バイデンがプーチンを高く評価したかどうかは不明だが、ある程度の手応えは感じただろう。バイデンの発言で今回筆者が最も感心したのは、プーチンを信頼できるかと記者に聞かれ、「これは信頼ではなく、自己利益の問題だ」と答えたことだ。両首脳の丁々発止のやりとりはどうだったのか、気になるところである。

先週のもう一つのハイライトがイランの大統領選だった。6月18日に実施されたイラン大統領選は、大方の予想通り、反米で保守強硬派のライースィー司法府代表が得票率62%、約1790万票を獲得して圧勝した。保守強硬派の政権奪還は2期8年ぶり。穏健派ロウハーニ大統領に代わり、8月には新大統領が就任する。

ライースィーは60歳の反米保守強硬派、北東部マシャド出身のイスラム法学者である。司法府検事総長などの要職を歴任後、2019年には司法府代表に就任。知名度の高いイスラム法学者として保守強硬派から支持を集め、82歳の最高指導者ハーメネイの後継候補でもあるらしい。

どうやらこの次期大統領、18歳でイラン革命に参加して以来、一貫して保守強硬路線を貫いてきた、コテコテの反米政治家のようだ。こんな人物が自然発生的に大統領に上り詰めたとは到底思えない。ハーメネイ最高指導者はイスラム革命の守護者であり、イランイスラム共和制を維持するためなら、文字通り何でもするのだろう。

米露首脳会談については毎日新聞政治プレミアに、イラン大統領選挙については日経ビジネスオンラインに、今週それぞれ小論を寄稿した。ご関心のある向きは是非ともご一読願いたい。もしかしたら、10年後に現代史を振り返れば、2021年6月が国際情勢の重要転換期だったという評価になるかもしれないので・・・。

〇アジア
香港の民主系「蘋果日報(アップル・デイリー)」が、国家安全維持法違反容疑をめぐる捜査で同社の資産が凍結されたため、数日以内にも事業閉鎖を余儀なくされる見通しだと報じられた。遂に来るものが来たということか。今後香港は急速に「本土化」していくのだろう。実に空しい。実に悲しい。

〇欧州・ロシア
ミャンマー国軍トップがモスクワで開かれる国際安全保障会議に出席するためロシアに向けて出発したそうだ。総司令官の外遊は4月のASEAN臨時首脳会議に続き2度目だが、訪問先が中国ではなくロシアというのも、実に興味深い。それなりに考え抜かれた外遊なのだろう。

〇中東
イスラエルで12年振りで誕生した新政権が2日続けてガザ地区ハマース拠点を空爆したという。停戦から1か月を迎えたのに、攻撃の理由は一体何だろう。極右系ベネット新首相の意向なのか、それともイランの保守強硬派大統領誕生を見据えた措置なのか、それともハマースに新たな動きが見られるのか。要注意である。


〇南北アメリカ
米国では、バイデン大統領の6兆ドルの巨額インフラ投資計画をめぐり、超党派の合意が形成されつつあるらしい。ところが、悪魔は詳細に宿るのか、今度は民主党内リベラル系議員と大統領の関係がギクシャクしているという。それにしても、米国の予算審議は本当に複雑だ。米国式が良いのか、日本式が良いのか、分からなくなる。

〇インド亜大陸
インドのオリンピック委員会が、東京の組織委員会によるインド選手などへの3日間隔離方針を「極めて不公平」として改善を求めているらしい。誤解に基づくエピソードであることを祈ろう。本番が近付けば、この種のトラブルは急増する。皆さま、本当にお疲れ様です。今週はこのくらいにしておこう。

5月10-6月25日 国連軍縮会議 second part(ジュネーブ)
7-25日 ICAO(国際民間航空機関) Council Phase 第223回会合(モントリオール)
13-22日 バングラデシュ・モメン外相が米国を訪問
20・27日 フランス 地域圏議会選挙、県議会選挙
21日 EU外相理事会(ルクセンブルク)
21日 EU環境相理事会(ルクセンブルク)
21日 エチオピア下院議院選
21日 鷲尾外務副大臣の国連エネルギー・ハイレベル対話閣僚会合に出席
21-22日 欧州議会委員会会議(ブリュッセル)
21-23日 UNウィメン 執行理事会 年次会合(ニューヨーク)
21-25日 WFP執行理事会 年次会合(ローマ)
22日 一般問題理事会(ルクセンブルク)
22日 運輸・通信・エネルギー相理事会(エネルギー)(ルクセンブルク)
22日 G20教育相会合(イタリア・カターニャ)
22-26日 包括的核実験禁止条約機関準備委員会(CTBTO)第56回会合(ウィーン)
22-7月16日 UN人権理事会 第47回会合
22-23日 APEC財務実務者会合
23日 G20労働雇用相会合(カターニャ)
23日 G20労働雇用相・教育相合同会合(カターニャ)
23日 メキシコ4月小売・卸売販売指数発表
23日 ロシア1-4月貿易統計発表
23日 東京五輪まで1カ月
23日 リビア和平協議(ベルリン)
23-24日 EU欧州議会本会議(ブリュッセル)
23-25日 ベトナムMining Vietnam 2021(ハノイ)
24日 欧州議会委員会会議(ブリュッセル)
24日 米国第1四半期GDP発表(確定値)
24日 メキシコ5月雇用統計発表
24日 ジブラルタル住民選挙
24日 LauncherOne(STP-27VPA, BRIK-II, STORK-4.5)打ち上げ(カリフォルニア州モハべ/ボーイング747-400空中発射)
24日 ファルコン9(Aurora, Capella5,6基のHawk, ICEYE等)打ち上げ(ケープカナベラル空軍基地)
24-25日 欧州理事会(ブリュッセル)
25日 APEC非公式財務相会合
25日 米・5月PCE(個人消費支出)
25日 アルバ議会選
25日 アフガン・ガーニ大統領が米・ホワイトハウスを訪問
25日 米・黒人男性ジョージ・フロイドさん暴行事件で量刑言い渡し
26日 ファルコン9(Aurora, Capella5, 6基のHawk, ICEYE, ION Satellite Carrier3等)打ち上げ(ケープカナベラル空軍基地)
27日 黒海経済協力機構(BSEC)年次総会

<28-7月4日>
28日 欧州議会委員会会議(ブリュッセル)
28日 メキシコ5月貿易統計発表
28日 ロシア5月雇用統計発表
28日 イスラエル・リヴリン大統領が米・ホワイトハウスを訪問
28-29日 EU農水相理事会(ブリュッセル)
28-29日 G20外務相会合(イタリア・マテーラ)
28-7月2日 欧州復興開発銀行(EBRD)年次総会(英国・ロンドン)
30日 G20人道支援に関する大臣級会合(イタリア・ブリンディジ)
30日 ブラジル4月全国家計サンプル調査発表
30日 香港国家安全維持法施行から1年
30日 ソユーズ2.1a(ISS 無人補給機プログレスMS-17(78P))打ち上げ(バイコヌール宇宙基地)
7月1日 スロベニアがEU議長国に就任
1日 WTOサービス貿易理事会
1日 EU欧州議会委員会会議(ブリュッセル)
1日 第18回 OPEC・非OPEC産油国閣僚会合(ビデオ会議)
1日 中国共産党創立記念日(100周年)
1日 香港返還から24年
1日 ユーロスタット、5月失業率発表
1日 スロベニアがEU議長国に就任
1日 ソユーズ-2.1b (ワンウェブ衛星#8 36機) 打ち上げ(ボストチヌイ基地)
2日 第9回太平洋・島サミット(テレビ会議)
2日 米国5月貿易統計発表、6月雇用統計発表
2日 ブラジル5月鉱工業生産指数発表
4日 東京都議選


宮家 邦彦  キヤノングローバル戦略研究所研究主幹