外交・安全保障グループ 公式ブログ

キヤノングローバル戦略研究所外交・安全保障グループの研究員が、リレー形式で世界の動きを紹介します。

  • 当サイト内の署名記事は、執筆者個人の責任で発表するものであり、キヤノングローバル戦略研究所としての見解を示すものではありません。
  • 当サイト内の記事を無断で転載することを禁じます。

2021年3月30日(火)

外交・安保カレンダー(3月29-4月4日)

[ 2021年外交・安保カレンダー ]


3月18-19日にアラスカで行われた米中外交担当トップ同士の「意見交換」は開始早々から双方にとって散々な出来だった。特に、中国側は米中「戦略対話」をすべく、「わざわざアンカレッジまで出向いてやった」と思っていただろうから、米側のホスト(主人)ぶり、というか、客人に対する「仕打ち」には、怒り心頭だったに違いない。

されど、あの米中会合が「想定外」だったとは思わない。その証拠に、米中露の外相は先週欧州、東アジア、中東に飛び、アラスカ後の状況に備え始めているではないか。特に、中国外相の中東歴訪は周到に計算されており、とても「付け焼刃」の産物とは思えない。詳しくは今週の産経新聞コラムに書いたので、ご一読願いたい。

クロノロジー的には次のような流れとなる。

3月12日 クアッド首脳テレビ会議
16日 日米2+2会合(東京)
18日 米韓2+2会合(ソウル)
18~19日 米中「意見交換」(アラスカ)
22~23日 中露外相会談(桂林)
23~24日 米国務長官のNATO外相会合参加など(ブラッセル)
24日 中国外相のサウジ訪問
25日 露外相の韓国訪問
   中国外相のトルコ訪問
26日 中国外相のイラン訪問 

その後30日までバーレーン、UAE、オマーンを訪問する予定だ。なるほど、中国外相の訪問先は、米国との関係が微妙な国と湾岸アラブ産油国を中心に選ばれている。いくら中国に力があっても、こんな日程、簡単には実現しない。中国はアラスカでの意見交換の結果を早くから予測し、次の手を周到に準備していたのだろう。

今週もう一つ、中国関係で気になったのが欧米有名ブランド企業による新疆産綿花のボイコットと中国政府による報復措置だ。報道によれば、「中国の消費者たちはH&Mやナイキといった国際的なブランドの不買運動をしている。ボイコットされているのは新疆ウイグル自治区の綿を使わないと約束したブランドだ」そうだ。

米国が新疆綿の輸入を阻止すると発表したのは昨年12月、トランプ政権の時代だ。中国ウイグル自治区の綿花は「奴隷労働」の結果だという。「新疆生産建設兵団(一種の工兵隊か)」という準軍事組織は既に財務省の制裁対象になっているが、米政府は米税関・国境警備局に同兵団が生産した綿を留め置く権限を与えたようだ。

「新疆綿」は良質で、業界では世界三大ブランドの一つらしい。恥ずかしながら、それは知らなかった。しかも、中国産の綿花の大半はウイグル自治区産だという。「奴隷労働」かどうかは不明だが、あの水の少ない中央アジアの一角で、オアシスに依存してきた遊牧民族の土地に、「綿花栽培」という農業を持ち込んだのは漢族である。

中国外務省は、同自治区内労働者が「自らの希望に基づき職業を選択」していると主張する。だが、農耕民族が遊牧地域に入り、準軍事組織を通じ、遊牧民を雇用し、良質の綿花を生産することの経済的、政治的合理性には議論の余地もあろう。先週も書いたが、最近中国は「売られた喧嘩は倍返しで買う」傾向が強いので要注意だ。

〇アジア

ミャンマーでは軍による反対派への暴力がエスカレートし、多くの犠牲者が出ている。米大統領は「完全に常軌を逸している」と強く非難、追加の制裁措置を検討し始めた。どうやら、ミャンマー国軍は大きな判断ミスを犯したようだが、同国に軍以外のまともな政治組織が見当たらないことも事実。大規模内戦にならないことを祈ろう。

判断ミスと言えば、北朝鮮も同様だ。今回新型「弾道ミサイル」の発射テストを再開したようだが、これって4年前のトランプ政権時代以前と基本的に同じ。ピョンヤンにはこれ以外の手法はないのか。「核保有」を既成事実化し、「非核化」ではなく「核軍備管理」交渉に持ち込み、現体制の生き残りを賭ける姿は変わりようがない。

〇欧州・ロシア

米国務長官のブラッセル訪問に対する欧州側反応は「温かく歓迎するが、中身はこれから」であり、米側も今回は「聞き手」に徹したようだ。米側は「中国の脅威」を売り込んだが、欧州側はNATOの信頼性、アフガニスタン、イラン、独露パイプラインなどにより関心が高かった。中国に関する米EU間の温度差は意外に高いと見る。

〇中東

スエズ運河で座礁した巨大コンテナ船がようやく「動き始めた」らしいが、中東ではその程度で安堵してはならない。行けば分かるが、スエズ運河の水路は驚くほど狭い。昔はあんな巨大船など想定していなかった。責任がどこにあるかはこれから調査すべきだが、エジプト当局が責任を認めることは「決して」ない。これが中東である。

〇南北アメリカ

米国で対アジア系ヘイト犯罪が急増している。3月16日にアトランタ近郊の3つの(恐らくは)イカガワしい「スパ」で連続銃撃事件が発生、死亡者8人のうち、6人がアジア系(4人が韓国系)の女性だったという。これは人種差別であると同時に、アジア女性への性的搾取の問題でもあるのだが、この点メディアは詳しく報じていない。

〇インド亜大陸

インドで新型コロナの第二波が始まりつつある。27日、過去24時間の新規感染者が6万2000人を超えた。2月末までは連日1万人台だったから、危機的状態だ。「第1波」のピークは昨年9月中旬の一日約10万人だったから、インド政府の危機感は半端ではなかろう。今週はこのくらいにしておこう


28-4月1日 パラオ・ウィップス大統領が訪台
29-30日 中国全人代常務委(北京)
29-4月2日 FAO理事会 第166回会合(ローマ)
30日 EU運輸・通信・エネルギー担当相理事会非公式会合(運輸)(オンライン)
30日 第2回 日インドネシア外務・防衛閣僚会合(「2+2」)及び日・インドネシア外相会談の開催(東京)
30日 ロシア2月雇用統計発表
31日 ブラジル1月全国家計サンプル調査発表
31日 日本・気候変動対策推進のための有識者会議の初会合
31日 コンゴ大統領選
4月1日 EU司法・内務相理事会非公式会合(統合)(オンライン)
1日 インド第14次5ヵ年計画発表
1日 ブラジル2月鉱工業生産指数発表
1日 日・アラブ戦略対話(オンライン)
1日 OPECなど主要産油国の閣僚会合(テレビ会議)
2日 グッドフライデー(聖金曜日)で米市場は外国為替市場を除き休場、債券市場は短縮取引
2日 米国3月雇用統計発表
3-5日 中国清明節休暇
4日 ブルガリア国民議会選挙
4日 秋田市長選

<4月5-11日>
5-8日 欧州議会委員会会議(ブリュッセル)
5-23日 国連軍縮委員会 annual session(ニューヨーク)
6日 ユーロスタット2月失業率発表
6日 グリーンランド議員選
6-7日 世界経済フォーラム「グローバル・テクノロジーガバナンス・サミット(先端技術の世界イベント)」(東京及びオンライン)
7日 韓国2021年再選挙・補欠選挙
7日 米国2月貿易統計発表
7日 韓国補欠選挙(ソウル・釜山市長)
7-8日 G20財務相・中央銀行総裁会合
7-8日 国連経済社会理事会 Youth forum(ニューヨーク)
7-8日 国連人間居住計画 執行理事会 first regular session(ナイロビ)
7-20日 UNESCO 執行理事会 211回会合(パリ)
8日 メキシコ3月CPI、自動車生産・販売・輸出統計発表
8日 FOMC議事要旨(FRB)
9日 中国3月CPI発表
9日 メキシコ2月鉱工業生産指数発表
9日 ブラジル3月IPCA発表
9日 サモア立法議会議員選
9日 ソユーズ2.1a(国際宇宙ステーション第64次および第65次長期滞在ミッション用ソユーズMS-18)打ち上げ(バイコヌール宇宙基地)
9-11日 IMF・世界銀行春季総会(ワシントンDC)
11日 チリ地方総選挙(知事、区長、市議、制憲委員)
11日 ペルー総選挙


宮家 邦彦  キヤノングローバル戦略研究所研究主幹