動画  エネルギー・環境

実施報告 CIGSエネルギー環境セミナー(動画)「気候サミットの結果と日本の課題」

開催趣旨

米国が主催した422日の気候サミットにおいて、菅首相は「2030年にCO2等の温室効果ガスを2013年比で46%削減することを目指し、更に50%の高みにむけて挑戦を続ける」とした。これは既存の目標である26%20%以上も上乗せするものだ。

同サミットの概要について解説し、今後の日本の課題について検討する。

東京大学公共政策大学院教授 有馬純氏が講演し、杉山大志研究主幹と質疑応答を行った。

対談資料
対談資料(1,180KB)

出演者

有馬 純
有馬 純

東京大学公共政策大学院 教授

1982年東京大学経済学部卒、同年通商産業省(現経済産業省)入省。経済協力開発機構(OECD)日本政府代表部参事官、国際エネルギー機関(IEA)国別審査課長、資源エネルギー庁国際課長、同参事官等を経て20082011年、大臣官房審議官地球環境問題担当。20112015年、日本貿易振興機構(JETRO)ロンドン事務所長兼地球環境問題特別調査員。20158月東京大学公共政策大学院教授。21世紀政策研究所研究主幹、経済産業研究所(ERIA)コンサルティングフェロー、アジア太平洋研究所上席研究員、東アジアASEAN経済研究センター(ERIA)シニアポリシーフェロー。IPCC6次評価報告書執筆者。これまでCOP15回参加。

著書「私的京都議定書始末記」(201410月国際環境経済研究所)、「地球温暖化交渉の真実―国益をかけた経済戦争―」(20159月中央公論新社)「精神論抜きの地球温暖化対策-パリ協定とその後-」(201610月エネルギーフォーラム社)、「トランプリスク-米国第一主義と地球温暖化-」(201710月エネルギーフォーラム社)